ANAカードでマイルを貯める

ANAカードは本当にマイルが貯まりやすいのか

ANAのマイルが貯まりやすいANAカード。このANAカードって、本当にマイルが貯めやすいのでしょうか?

 

そもそもANAカードは、街で使うとANAのマイルが貯まるわけではなく、クレジットカードポイントが貯まります。

 

このクレジットカードポイントは、

 

1000円で1ポイント

 

貯まります。 つまり、1000円単位で買わないと、クレジットカードポイントがもらえないというわけ。このクレジットカードポイントをマイルに交換すると、

 

1クレジットカードポイント → 5マイル

 

貯まります。 実はこの交換率なんですが、マイル移行手数料を払えば、

 

 1クレジットカードポイント → 10マイル

 

にすることも可能です。 マイル移行手数料は1年間で、

 

 6000円+税

 

かかります。

 

移行手数料を払ってまでマイルに移行したくない方は、1クレジットカードポイントが5マイルになるコースを選べば、無料でマイルに移行することが出来ます。

 

ちょっとややこしいのでまとめておきますと、5マイルコースは無料でマイルに移行することが出来て、10マイルコースは年間移行手数料が6000円+税かるというわけです。

 

ここでANAカードの還元率を調べてみますと、5マイルコースが、

 

 200円 → 1マイル

 

10マイルコースが、

 

 100円 → 1マイル

 

になっています。 実際にクレジットカードポイントが貯まるのは、1000円使って初めてポイントが貯まります。ですので、1000円単位で使わないと最終的にマイルがもらえないので、ANAカードはなかなか貯まらない可能性があります。

 

そこで100円で1ポイントまたは2ポイントもらえて、
マイルの移行手数料も無料なカード
が、

 

楽天カード


 

です。 楽天カードは100円で1ポイントもらえますが、楽天市場での買い物では100円で2ポイントもらえます。

 

楽天カードのANAへのマイル還元率は、

 

 200円 → 1マイル

 

になりますが、100円単位でポイントがもらえるし、楽天は何でも売っているので、比較的利用しやすいと言えます。

 

楽天ポイントは、50ポイント単位でマイルに移行することが出来て、

 

 100ポイント → 50マイル

 

になります。

 

ANAの搭乗回数が多い方は、ANAカードならマイル積算運賃のプラス10%ももらえるので、もちろんANAカードの方がマイルが貯まると思いますが、年に1回ANAに乗るかどうかの方は、楽天カードの方が100円単位で楽天ポイントがもらえるので、貯めやすいカードといえるのではないのでしょうか?

 

【ANAのマイルに交換可能!】楽天カードはこちら